FC2ブログ

    蜜柑狩 '13ナミ誕
    ワンピース 二次創作 ゾロナミ傾向オールキャラ ナミ誕 蜜柑狩 小説のみの貯蔵庫

    Copyright © 2021 蜜柑狩 '13ナミ誕, All rights reserved.

    青い春 (ブルックとチョッパー)

    2008ナミ誕 ] 2008/06/22(日)


    「よろしくお願いしますね。」
    「うん!俺、お前が乗ってくれてとっても嬉しいんだ。」
    小さい形のチョッパーがきらきらとした目を輝かせてブルックにそう告げた。
    空っぽな眼窩のブルックなのに何故かそこから柔らかい光が零れるように見える。先程からの歓迎の宴にも負けるとも思わない歓迎の言葉に目がないけれど彼の目も潤んだのかもしれない。

    「はーい。私も嬉し・・。」
    「だって!俺も見た目が化け物だけどお前も見た目凄いじゃないか!」
    両腕を振りまくりながらの言葉におやおやとブルックがチョッパーの表情を読んだが、彼の顔は決して卑屈でも諦めても意地の悪さを含んでもいなかった。

    いっそ清々しい。
    そうだ。ルフィを始めこの船に共通する潔い清々しさが溢れている。

    「ヨホホホ。化け物・・ですか?」
    「うん!俺は馴鹿で、人間にはなれなくて、それにこの鼻だもん。化け物さ。けど、この船の連中も中味はもっと凄い化け物から俺なんてとっても普通だけど!」

    小さな馴鹿はブルックの言葉に捕らわれず思いの丈を告げてからからと笑う。

    笑う姿の中にブルックに見て取れるものがあった。
    異形の自分の、それが手に入れた心地よい居場所に慣れて、安堵して。
    それでも一抹の引っかかりが自覚と無自覚の境界に居座っている。
    残っている棘に無意識に距離を取っては心を試している。
    育ちゆくものの今しか見られないバランスの悪さの魅力。

    少年の心が育つその微妙すぎる隙間を目の当たりにしたというのに久しぶりすぎて最初はそれが感動だと判らなかった。
    ああそうですか。私、50年ぶりですね。




    忘れていた瑞々しい感動に胸がどくんと鳴る感触を半世紀ぶりに思い出す。自分にはもう、鳴らす心臓などないというのに。

    「あーーけどその青い鼻の色を私は好きですねぇ。朝日に輝く水平線に近い海の青さに似てますから。それは、影を取られて以来、私が何年も見たかった色なのです。」

    ヨホホホホと笑ってみせると彼の頬がうっすら赤く染まった。
    と同時に彼のスタイルでパパンと踊り出す。
    「馬鹿野郎!褒めても、嬉しくなんかないぞ!!」
    「ヨホホホホホ!」

    彼の踊りにあわせて自分も腰を振る。
    遠い昔に過ごしたような青さに付き合いながらまた枯れた眼窩に涙が溢れてくる。


    end




    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://toricoya.blog110.fc2.com/tb.php/37-41f3c030
     

    管理者ページ + RSS + Powered By FC2 + Designed By ASIA SEASON